愛猫が心配!ご飯を噛まない猫にはどうやって対処するべき?

あなたのお家で飼っている猫は、毎日ちゃんとご飯を噛んで食べていますか?

もしもそこで丸呑みしているように感じる場合は、注意が必要です。

ここでは猫がご飯を噛まない理由や、猫がご飯を噛まずに食べていた時に考えられる危険についてお伝えしていきますね!

ご飯を噛まないで食べることが癖になっている愛猫を心配している飼い主さんはぜひご覧ください。

猫がご飯を噛まないのはどうして?

まず、猫がご飯を噛まない理由から見ていきましょう。

猫がご飯を噛まずにそのまま食べるワケには、次のような意外な理由が隠されていました。

元から猫はご飯を噛んで食べる習慣がない

元々猫はご飯を噛んで食べる習慣がなく、あまり口の中で噛まないまま丸呑みすることがほとんどです。

なぜかというと、野生として生活していれば自分が手に入れた獲物を他の猫に奪われてしまう可能性もあるため、なるべく時間をかけずに食事をする必要があるからです。

そして今でも、その時の名残や習慣が残っているのでしょう。

猫の歯はご飯を噛むことに向いていない

また、猫がご飯を噛まないで食べる原因は、猫の歯が関係していることも考えられます。

食べた物をすり潰しやすいように奥歯が平らになっている私達人間と比べて、猫の場合は奥歯が鋭く丸呑みできるようになっているので、ご飯を噛むことに向いていません。

ただ、人間のように食べ物をすり潰す代わりに、猫は尖った奥歯で食べ物を噛み切れるようになっていて、ある程度食べ物を細かく砕いてから食べることが可能です。

そうした歯の形でも猫はご飯を噛まない習慣が付いてしまいやすいのですね。

猫がご飯を噛まない状況を放置していると危険!

ところが、猫がご飯を噛まない状況をそのままずっと放置していると、愛猫に危険が迫ってしまう場合もあります。

もしも愛猫がご飯を噛まずに丸呑みしていたらどうなるのか、考えられる危険リスクを探ってみましょう。

猫がご飯を喉に詰まらせてしまう可能性がある

猫がご飯を噛んで食べていなかった時に考えられる1つ目の危険は、ご飯を喉に詰まらせてしまうことです。

人間が大きいサイズの食べ物をしっかりと噛まずに食べて喉を詰まらせるのと同じように、猫もご飯を噛んでいないと喉に詰まらせてしまう場合があります。

食欲旺盛でご飯を食べるペースが速い猫ならなおさらです。

愛猫の安全を考えると、喉詰まりだけはできるだけ避けたいものですよね。

ご飯を噛まないことで肥満になってしまう危険性も

次に猫がご飯を噛まないことで生じる危険リスクは、肥満になってしまうこと。

食べ物を噛まない分、猫の体内にある消化器官へ負担がかかりやすくなり、結果的に肥満につながってしまう危険性があるのです。

さらにご飯タイムが短いと、満腹感を得られなくなって食べ過ぎることも考えられます。

猫の肥満は運動不足や体の筋肉の衰えを招き、健康に良いとは言えません。

猫がご飯を噛まずに食べていると、こうした愛猫の健康状態にも悪影響を及ぼしやすくなります。

猫が病気を患っていてもなかなか気付けなくなる

猫がご飯を噛まない時に最も注意しなければならないのが、猫の病気です。

ご飯を噛まずに食べていると、そのせいで食べた物を吐いてしまうことも珍しくありません。

そこでご飯を食べて吐くことが習慣化してしまっていると、その他の病気が原因で嘔吐をしている時もなかなか気付けなくなってしまうのです。

猫の病気に気付くのが遅かったせいで、せっかく動物病院へ行ったのに既に手遅れという結果になってしまったら、飼い主さんはとても後悔することだと思います。

このように、愛猫が不調であることをすぐに気付いてあげられるようにするためにも、ご飯を噛まない習慣はできることなら改善しておく必要がありそうですね。

ご飯を噛まない猫にストップをかける手段はこの3つ!

普段から猫がご飯を噛まない生活を送っていると、その先にどんな危険が待ち構えているのかというのはお分かりいただけたかと思います。

そこでここからは、ご飯を噛まずに丸呑みする猫へストップをかけるためにできる3つの手段をご紹介していきますね!

ご飯を噛まない愛猫のことが心配でたまらない飼い主さんは、ぜひ実践してみてください。

食事の回数を増やし、一度に与えるご飯の量を減らす

まず愛猫がご飯を噛んでいなかった時に飼い主さんが行っておくべきことは、食事の回数を増やしながら一度に与えるご飯の量を減らすことです。

一度に食べるご飯の量が少なくても、1日に何度もご飯を食べられることが分かれば

「今すぐご飯を食べてしまわなければ他の猫にこのご飯を横取りされてしまう!」

と本能的に感じてしまいがちな猫でもゆっくりと時間をかけて食べられるようになり、安心させてあげることができますよ。

あえて粒が大きくすぐに食べられないご飯を与えてみる

ご飯を噛まずに丸呑みする傾向のある猫に、あえて粒が大きくすぐに食べられないご飯を与えてみるのもきちんとご飯を噛む習慣を付けるために役立ちます。

自分の歯で噛まないと飲み込めないと分かったらご飯を噛む必要性があると感じ、自然にそのような習慣が付きやすくなるからです。

ただしこの手段を取る場合、粒が大きいせいで愛猫が喉を詰まらせてしまう可能性があるので、飼い主さんはそれに注意しながら見守ってあげるようにしましょう。

ガツガツと勢いよく食べることができない器に変える

猫がご飯を噛まない時は、ガツガツと勢いよく食べることができない器に変えてみる手段もあります。

例えばGEXのフードツリーなど、自分で1回1回手を入れないとご飯が食べられない器に変えてみると、ご飯を噛まずに食べていても危険な一気食いを防ぐことはできます。

愛猫が勢い余ってご飯を食べてしまわないようになればご飯で喉を詰まらせることが減り、愛猫の安全や飼い主さんの安心につなげることができますよ!

まとめ

愛猫の健康を第一に考えている飼い主さんであれば、誰だって大切な愛猫がご飯を噛まずに丸呑みしていたら心配になってしまうものだと思います。

たしかに本来なら猫にはご飯を噛まないでそのまま食べる習慣がありますが、ご飯を噛まずに食べることが猫にとって安全とは決して言えません。

だからこそ、ここでご紹介したようなご飯の丸呑みを防ぐ手段を実践しながら、飼い主さんが愛猫の安全を守ってあげる必要があります。

愛猫にご飯を噛んで食べる習慣をしっかりと身に付けさせ、愛猫も飼い主さんも安心できる暮らしを目指していきましょう!