まさか病気?猫がご飯を吐く理由とその対処法とは

あなたのお家で飼っている猫は、ご飯を食べる時に吐いてしまったことがありますか?

もしも突然ご飯を食べている間に大事な愛猫が吐き出したら、飼い主さんは一体なにが起きたのかと思い、すごく心配になってしまうことだと思います。

今回はそうした猫がご飯を吐く理由や対処法についてお伝えしていきますね。

猫がご飯を吐いてしまうことで不安な気持ちを抱いてしまっている飼い主さんはぜひご覧ください。

猫がご飯を食べて吐くのはどうして?

それではさっそく、猫がご飯を食べて吐いてしまう原因からご説明していきます。

猫が吐く理由には、次のようなことが考えられます。

早食いや食べ過ぎが原因で吐く

猫は早食いや食べ過ぎによって吐いてしまうことがあります。

猫はとても繊細な動物で、新しいご飯に変更してそれをたくさん食べてしまった場合でも消化不良を起こし、吐いてしまう場合があるのです。

また、与えているキャットフードがドライフードの場合だと食べた後に水をたくさん飲むことでご飯が体内で膨れ、嘔吐してしまうケースもあります。

さらに食べた後休まずに動いたりしたせいで消化されていないご飯を吐いてしまうこともあるので注意しなければいけません。

毛玉を吐いている

ご飯を食べて吐く理由には、体内に貯まった毛玉を吐き出していることも考えられます。

猫は自分の舌で毛を舐めて毛並みを整える習性があります。

その時に大量の毛を飲み込んでしまうのです。

そうして体に貯まった毛玉を自ら吐いているということです。

異物を口にしてしまった

ご飯を食べて吐いてしまうのは、異物を口にしてしまったことが原因ということもあります。

それは猫がいつも遊んでいるおもちゃの一部だったり、猫でも飲みこめる小さな日用品であることもあるかもしれません。

そのような異物を口に入れてしまっても嘔吐することがあるのです。

それ以外にもどの自宅でも置いている洗剤や薬品などを口にして吐いてしまうこともあるので気を付けましょう。

病気の疑いもある

これは飼い主さんならあまり考えたくないことかもしれませんが、猫がご飯を吐いてしまうのは病気にかかっているからという理由も考えられます。

知らないうちに熱中症や胃腸炎になっていたり、ご飯によるアレルギー反応を引き起こしていたりすることで吐いていることがあるのです。

さらに最悪の場合、人間でも完治するのが難しいガンを発症してしまっているケースもあります。

そのためもしも普段と違う吐き方をしていたら、病気の疑いがあります。

もしも心配な方は一度病院へ連れて行ってあげてみてくださいね。

猫がご飯を吐く時の対処法

ここからは猫がご飯を吐いて困り果てている飼い主さんに向けて、いくつか対処法をご紹介していきます。

実際に飼っている自分の愛猫へ当てはまるところがあれば、実践してみましょう。

猫のご飯タイムを複数回に分ける

猫の早食いや食べ過ぎによる嘔吐を防ぎたい場合はご飯を複数回に分けて与えてみるのがおすすめです。

一度に食べられるご飯の量を減らし、その代わりに回数を増やすことで猫が吐いてしまうのを予防することができますよ。

愛猫の早食いや食べ過ぎが気になったら、ご飯を2回から5回に増やし、複数回に分けて与えてみてくださいね。

食べ過ぎを防げる容器を使ってみる

また、猫が食べ過ぎてしまう時には食べ過ぎを防ぐことができる容器を使ってご飯を与えてみるのも効果的です。

凹凸がある容器を使ったり、通常よりも高さがある容器に変えたりすると食べるスピードを抑え、嘔吐を減らすことにつなげることができますよ。

猫草を食べさせてみる

猫がご飯を食べて吐くのを防ぎたい場合は、猫草を食べさせてみるという方法もあります。

ちなみに猫草には、次のようなことが期待されていますよ。

  • 体の中に貯まった毛玉を吐き出しやすくなる
  • 便秘を解消できる
  • 猫草に含まれる栄養素を摂取することができる(造血作用のある葉酸など)

猫草を与えると、今まではご飯で吐き出してしまっていた毛玉を猫草で吐き出すことができるようになります。

また、その他にも便秘を解消したり、猫草の栄養素を摂取して血液を増やすこともできるのでみなさんもぜひ食べさせてあげてみてくださいね。

猫がご飯を食べて吐いたらどんなことに注意するべき?

最後に、猫がご飯を食べて吐いてしまった時に注意しておきたい点についてお伝えしていきます。

もしも愛猫が吐いてしまう瞬間を見かけたら、以下のようなことに注目してみましょう。

吐いたものが何だったかを確認しておく

猫が吐いたらまず、吐き出したものが何だったかを確認しておきましょう。

吐き出したものを見ることで嘔吐した原因が分かりやすくなるからです。

その時に胃液や血液が混ざっていたか、どんな状態だったかを把握しておくと毛玉や異物だけでなく、寄生虫に感染しているかどうかも見分けやすくすることができますよ。

1日のうちに吐いた回数を覚えておく

嘔吐が続くようであれば、1日にどれくらい嘔吐を繰り返したか回数を覚えておくのも大事なことです。

吐く回数が多いと病気の危険性も少なからず出てくるからです。

吐いたものをチェックしながら同時に回数をメモするなどして把握しておきましょう。

吐いた後の猫がどんな状態であるか見ておくのも大事なこと

吐いた後の猫がどんな状態であるか様子を見ておくのも大事なことです。

嘔吐した後に猫が元気な様子であれば問題ありませんが、吐いた後も具合悪そうにしていたら注意が必要です。

また、吐いた後によだれが口から出ていた場合も病気の可能性があるため、病院へ連れて行って相談してみることをおすすめします。

猫の状態をきちんと把握し、健康を守っていってあげましょう。

まとめ

猫がご飯を吐く原因には、色々な理由があることが分かりましたね。

その中でも特に、病気が原因となって吐いている時は注意しなくてはいけません。

どうして愛猫が吐いているのかを飼い主さんがちゃんと理解し、猫が元気に生活できる環境を整えてあげましょう。