猫がごはんに飽きる理由は?飽きやすい猫ちゃんへの対処法

「前までは食いつきが良かったのに、最近では全然ごはんを食べてくれなくなった。」

このように、猫ちゃんが突然ごはんを食べなくなってしまう時はありませんか?

ごはんを食べてくれないと痩せていく一方だし、つい心配になってしまいますよね。

そこで、ここでは猫ちゃんがごはんを食べない理由から対処法までをまとめてご紹介していきたいと思います。

愛猫が飽きやすい性格だと感じている飼い主さんや、愛猫がごはんを食べてくれなくて困っている飼い主さんは必見です。

猫がごはんを食べなくなってしまう理由

それではさっそく、猫がごはんを食べなくなる理由からお伝えしていきますね。

猫ちゃんがごはんを食べない理由は1つだけでなく、いくつかの原因が考えられます。

餌のニオイが薄くなっている

猫は味よりもニオイを楽しみながら食事をします。

そのため餌のニオイを感じなくなると、食いつきが悪くなりやすくなります。

餌のニオイが薄くなっているから食べないというのも考えられますので、袋を開けた当初よりもニオイが弱くなっていないかチェックしてみましょう。

キャットフードが好みの味ではない

ごはんを食べなくなってしまうのは、自分の好きな味ではなかったからという場合もあります。

人間と同じで、猫にも味の好き嫌いがあります。

ですからはじめは我慢して食べていても、だんだんと食欲が減っていってしまうのでしょう。

また、もしかすると同じキャットフードを食べているうちに飽きてしまったのが原因となっているのかもしれません。

老化による食欲の低下

猫は老化が原因でもごはんを食べなくなってしまいます。

人間と同様に、猫も加齢によってどんどん体が弱っていきます。

そのせいで消化機能の働きが衰え、自然と食べる量が減少してしまうのです。

病気が原因で食べないこともある

猫の食いつきが悪い時や、長時間ごはんを食べない時は病気にかかっている可能性があるので注意する必要があります。

もしもその状態が続いたら、一度ごはんを変更して与えてみて、それでも食べない場合はなんらかの病気が疑われます。

1歳を超えた猫ちゃんで24時間以上ごはんを食べないようだったら、病院へ連れて行って医師に相談をしてみましょう。

猫がごはんに飽きてしまう時の対処法

では、ここからは猫ちゃんがごはんに飽きてしまった時の対処法についてご説明していきますね。

猫ちゃんがごはんに飽きてしまわないようにするには、次のようなことを行うと効果的です。

キャットフードの保存方法を見直す

猫ちゃんがごはんに飽きてしまわないようにするためには、保存方法に気を付けなければいけません。

猫は餌のニオイで安全に食べられるものか、どのような栄養が含まれているかなどを判断するようです。

ドライフードの出しっぱなしや冷蔵庫での保管はニオイが減る原因となり、猫ちゃんの食いつきが悪くなってしまいます。

そうしてもしもドライフードのニオイがほとんど無くなってしまったら、ウェットフードと一緒に与えるのがおすすめですよ。

ウェットフードはドライフードよりもニオイが強く、猫ちゃんの食いつきアップが期待できます。

また、フードの保存方法に関しては空気を通さない容器などに入れて密閉状態にしておくのがおすすめですよ。

そうすることで、長期間ニオイを維持しやすくすることができます。

ごはんの上にトッピングをする

ごはんの上に猫餌専用のふりかけなどをトッピングしても、猫ちゃんの食欲をかきたてることができます。

また、猫ちゃんが好きな香りで消化にも良いかつお節などをかけてあげると食いつきの良さが変わるかもしれませんよ。

複数のキャットフードをローテーションしてみる

猫がごはんに飽きるのを防ぐための対処法には、複数のキャットフードをローテーションして与えるという方法もあります。

元々1種類のキャットフードをあげていた場合は、2・3種類に増やしてみましょう。

そして種類を増やしたら、元からあげていたごはんに混ぜて少しずつ味に慣れさせていきます。

猫ちゃんがすべてのキャットフードに慣れたところでローテーションしながらごはんをあげていくと、毎日新鮮な気持ちでごはんを食べることができ、味に飽きてしまうのを防ぐことができますよ。

ごはんを食べる時の環境を整えてあげる

ごはんを食べない時には食事の環境を整えてあげることも大事です。

もしかしたらごはんではなく環境が原因で食いつきが悪くなっていることも考えられます。

ごはんを入れている皿が知らない間にホコリなどで汚れてしまってはいませんか?

その皿をキレイにすることで、たくさんごはんを食べてくれるようになるかもしれませんよ。

そうした少しの工夫を加えるだけで、ごはんへの食いつき具合を変えていくことができますよ。

猫にごはんをあげる時はココに注意!

ここまで猫ちゃんがごはんに飽きてしまわないための対処法をご紹介してきました。

しかし、猫にごはんをあげる時には注意しなければならない点もあります。

それはどのようなことなのか、これからお話していきますね。

おやつや一般食の与えすぎはNG

ごはん以外におやつや一般食を与えすぎてしまうと、ごはんを食べなくなってしまう可能性があります。

また、本来はキャットフードを食べる猫ちゃんに一般食をあげてしまうと、栄養面や健康面に良くない影響を与える場合があります。

ごはんの食いつきが悪いからといって、おやつや一般食を過剰に与えてしまわないように気を付けましょう。

むやみにフードを切り替えてはダメ

ごはんを食べないからといって、むやみにフードを切り替えるのもあまりおすすめできません。

そのせいで逆に食いつきが悪くなってしまうことがあるからです。

猫ちゃんがずっとごはんの味に慣れた状態で食べていくためにも、やたらとフードを切り替えすぎないように注意しましょう。

もしフードを切り替えてローテーションするとしても、先ほどご説明した通り多くて3つくらいに抑えておくのが無難です。

まとめ

猫ちゃんがごはんに飽きてしまう理由には、さまざまな原因があるようですね。

もしもごはんを食べなくなってしまったら、上記でご紹介した対処法をぜひ実践してみてくださいね。

そうすると、猫ちゃんに毎日美味しくご飯を味わってもらうことができますよ。